top of page
検索

エナジードリンクってどうなの?


こんにちは、CLIFFGYMトレーナーのなべちゃんです😊


今回は、眠気に襲われないようにする為や、疲れの溜まった時によく利用されるエナジードリンクの必要性や注意点など紹介していこうと思います!


利用者様の中でもトレーニングの前に飲まれていたり、仕事のタスクが多くなった際に特に摂取する方が多いと聞いています!


そんな中で、トレーニングや日常生活で効率良く身体に必要な成分を取り入れられるように今回様々な観点で解説していきたいと思います!







そもそもエナジードリンクって良いの?


エナジードリンクは、モンスターやレッドブルなどが様々な種類があり、自分も月に1度程度運動30分前に飲むこともあります。

周囲を見渡しても最近では、栄養ドリンクよりも飲む方が増えたと思われます!

そんなエナジードリンクと栄養ドリンクは全く異なる飲み物です!


栄養ドリンク『医薬部外品』

→医療部外品である栄養ドリンクには、肝細胞に作用する働きを持つ『タウリン』が含まれています。

『タウリン』とは、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす。 血圧を正しく保ち、高い血圧を下げる。 肝臓の解毒能力を強化。


エナジードリンクは『炭酸飲料(清涼飲料水)』

→「合成タウリン」を使うことができないため、代用成分として「アルギニン」が入っています。アミノ酸の一種であるアルギニンには、血流改善・成長ホルモンの分泌といった作用があると言われています。




主なエナジードリンクの効果


⚪︎カフェイン

脳神経を興奮させることで眠気を防ぎ、疲労感を解消させる効果があります。また、脂肪分解酵素の活性を高める作用もあり、運動前に摂取すると効率よく脂肪が燃えるので、運動のパフォーマンス向上にもつながると言われているんです。


⚪︎アルギニン

子どもの成長期に必須と言われているアミノ酸の一種です。これは成長ホルモンの分泌を促して筋肉増強に効果があるほか、免疫機能の向上、血流改善、生殖機能の改善の作用もあります。


⚪︎ビタミンB群

ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6やビタミンB12などのビタミンB群ですが、これは身体の機能を保つための必須微量栄養素となっています。炭水化物や脂肪などを代謝し、効率よくエネルギーとして利用するためのサポートをしてくれるんです。


しかしカフェインが含まれているので、飲みすぎは危険です。

人によりますが、吐き気をもよおしたり、眠れなくなったり、胃痛がする場合もあります。普通に飲む程度なら、健康被害を心配する必要はないです。

飲む日でも大体1日あたり1~2本程度にしておいた方が良いです。

持病により薬を飲んでいるときは、基本的にエナジードリンクはオススメしません。




カフェインの効果的な摂取方法


せっかくカフェインを摂取するなら効果的な摂取ができるタイミングを紹介します!


集中したい時

運動前



就寝前の摂取は悪影響を及ぼす


カフェインの覚醒効果によって睡眠に影響を与える可能性があります。具体的には、以下のような事があります。


入眠困難

中途覚醒

睡眠時間が短くなる


睡眠には、脳を休息させて記憶を整理・定着させたり、体の疲れを和らげたりする大切な働きがあります。個人差はありますが、だいたい就寝時間の6時間前を目安に、カフェインの摂取は控えたほうが良いです。




〜まとめ〜


このようにエナジードリンクが悪い飲み物でなく、タイミングや摂取量を気を付けて飲めば身体に良い効果のある飲み物です。

仕事で疲れていて眠気が襲ってこないように摂取をしたり、運動前や勉強前の30分前に気合いを入れる前に飲むこともオススメします!

しかし、飲みすぎないように気を付けて頂いて1日に多くても1〜2本までにすることはとても大事になります。

あとドリンクに頼るのではなく、疲れを溜めない生活習慣を身に付けることが大切です!!

まずは、1日3食バランスよく食べることを心掛け、日頃から十分な睡眠と適度な運動(CLIFF GYMトレーニング)を生活の中に取り入れることから始めてみましょう!

是非、皆さまもエナジードリンクの正しい知識を理解して私生活に取り入れてみましょう!!




最後までご覧頂きありがとうございました!

現在、代々木公園・代々木上原にて2店舗のCLIFF GYMで初回カウンセリング無料体験行っています!

お近くに住まいの方や、筋トレ・ボディーメイクに興味のある方は、

是非こちらのサイトからご連絡お待ちしております!🏋️🔥



参考文献




閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page