top of page
検索

ダイエット中の食事で意識すべき4つのポイント














ダイエット成功の鍵を握るのは「毎日の食事」といっても過言ではありません。

そのため積極的に低カロリー・低糖質の食事メニューを取り入れる方は多いです。

無理なく続けられるような「ダイエット中の食事」を実現するにはどのようなポイントを押さえればよいのでしょうか。


今回はその中でも代表的な4つのポイントをご紹介します。

運動だけでなく食事にもこだわって、効率よく理想の身体を目指しましょう。





















1.絶食を避ける

「ダイエット中は極力食事を摂らない」という方がいますが必要な食事まで抜いて絶食するのはおすすめできません。


なぜなら極端な絶食を行うと身体が飢餓状態となり数少ない食事の中でエネルギーを確保しようとしてかえって脂肪を蓄積しやすくなってしまうためです。


また食事の量・頻度を減らすと必要な栄養素を補えなくなります。

たとえば筋肉を構成するタンパク質を摂取できずにいると筋肉量が減って基礎代謝が低下します。


基礎代謝は総エネルギー消費量の約60%を占めているためその割合が減ると「摂取カロリー<消費カロリー」を実現するのが困難となりかえって太りやすくなってしまうのです。

さらにある程度体重が減ったあと急に1日3食に戻すと無駄なリバウンドにつながりやすくなります。


そのため、ダイエット中から1日3食を心掛けかつ栄養バランスの整った食事を摂ることが大切です。













2.糖質を過剰摂取しないようにする

このほか、ダイエット中の食事では「糖質」の摂取量を抑えることも大切です。

糖質の摂取量を制限すると身体が活動するためのエネルギーを補おうとするため脂肪を分解しやすくなります。


くわえて食後に血糖値が上がるのを防ぐこともできるので余った糖を脂肪に変えるホルモン「インスリン」の分泌を抑えることも可能です。


こうした点から糖質制限に重きを置くこともダイエットを成功へと導くポイントのひとつといえます。












3.毎日の食事の時間を決める

ダイエット中は毎日の食事の時間を固定するようにしましょう。


仮に夜遅い時間に食事を摂ると食事を通して補ったカロリーが消費されづらくなり余ったカロリーが脂肪として蓄積されてしまいます。


これではいくら食事の内容に気遣っていても十分な成果は見込めません。

ダイエットを通して効率よく理想の身体を目指すためにも夜遅い時間のカロリー摂取を避けられるよう食事の時間は決めておくことが大切です。















4.副菜・主菜・炭水化物の順に食べる

ダイエット中の食事では「食べる順番」にこだわることも大切です。


①野菜やスープ

②メインディッシュ(=タンパク質メニュー)

③ごはんやパンなどの炭水化物


基本的には、上述した順番で食べるのがベスト。


先に副菜や主菜(具体的には、野菜やタンパク質メニューなど)を食べることで十分な満腹感を得られるため炭水化物を食べ過ぎるリスクを軽減できます。


また、炭水化物を最後に食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることが可能です。
















食事バランスを考え無理せずダイエットを成功させよう!


ダイエットをしているからといって無理な食事制限をするのは望ましくありません。


ストレスの元にもなりますしかえって太りやすい体質になる可能性があります。

ダイエットを成功させるには

"バランスのよい食事と適度な運動、質のよい睡眠"の3つが不可欠です。


今日から実践し理想の体型を手に入れましょう!


閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page