top of page
検索

ようこそ缶詰の世界へ



皆さん初めまして!

CLIFF GYM新人トレーナーのやまぴーです!


ズボラな私の普段の食事は“時短・簡単・楽チン”のサバ缶をメインとした創作料理(?)を作っていますが、皆さんに改めて"缶詰"のスゴさを伝えたいと思い、ペンを手に取った次第でございます。




缶詰のメリット・デメリット


【メリット】


◉常温&長期保存が可能

→腐りづらい、消費期限が長い


◉持ち運びに便利

→カバンの中でこぼれない、食べたら捨てられる


◉添加物が少ないものが多い

→密閉して加熱殺菌しているため


◉酸化による劣化が少ない

→栄養損失が少なくなる


◉種類が豊富

→ツナ、サバ、イワシ、焼き鳥等


◉味のバリエーションも豊富

→様々な味付けがあるため、飽きない


◉経済的

→モノを選べば比較的安価


◉下処理、準備が不要

→調理もシェイクも必要ない、開けて食べるだけ


時間がない方には、「高タンパク質の缶詰」を常備することを推奨します!!




【デメリット】


◉モノによっては香りが、、

→サバ缶頻度の多い我が家は海の家のような香りが漂っております


◉種類によっては脂質が、、

→PFCカロリーのバランスが調整できれば問題なし




ここからは個人的な主観と体験談ですが、私は13歳からコンタクトレンズ愛用者で20代前半から極度のドライアイに悩まされ続けていました。


しかし、昨年からサバ缶頻度多めの食事に切り替えた結果、ドライアイが改善され目薬の使用頻度が極端に減りました!


おそらくサバに含まれるDHAやEPA等の良質な脂質で体内循環がプラスに働き、ドライアイを克服したものと考察しております。


皆さんも一度缶詰を手に取っていただき、まずは成分表を眺め、缶詰の重さ(200g)でアームカールをしましょう。


ようこそ脳筋の世界へ!!

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page